くらし情報『【洋服の収納ワザまとめ】場所別・種類別・アイテム別、オシャレにしまうコツ』

2017年12月8日 11:45

【洋服の収納ワザまとめ】場所別・種類別・アイテム別、オシャレにしまうコツ

ちょうど良いサイズの箱がない場合は、ダンボールや板を高さの低いブックスタンドで挟むなどして仕切りを作っても。
他にも、無印良品のポリスチレン仕切板は、好きなサイズに切れるので人気です。

タンス収納
無印良品「ポリスチレン仕切板」

また、ダイソーやセリアなどの100均、ニトリやイケアなどにも、様々なタイプのボックスがあるので、上手に組み合わせてピッタリ仕切れるよう工夫してみてください。
ただ、板やプラスチックを利用する場合、ほつれやすい衣類を傷つけてしまわないよう、注意が必要です。
紙は湿気、布製の仕切りは静電気などが発生しやすいことにも注意です。

3.衣類は立てて収納!引き出しに収納する際、衣類を上から下に重ねるのではなく、立てて収納することで出し入れしやすくなります。
引き出しに対して直角に並べれば、引き出しを開けたとき、一目でどこに何が入っているか分かりますし、崩れも少なく済みます。
直角に立てるためには、洋服のたたみ方も大切!【種類別】の章で詳しく説明しますが、「丸めること」と「タンスの高さまで畳むこと」がポイントです。

タンス収納


またトップスなどは、幅の方向に沿って並べると便利です。並べている途中でブックスタンドなどで押さえると、常にきれいに整理できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.