くらし情報『住宅ローン返済中に転職は無謀!?失業給付金にも限界がある話』

住宅ローン返済中に転職は無謀!?失業給付金にも限界がある話

2018年1月10日 11:00
 

住宅ローン返済中に転職


現在の勤務先に不満があったり「もっといい職場があるに違いない」と期待したり……、あるいは、職場の人間関係が原因だったりと、いわゆる“諸事情”で転職をする人も珍しくありません。

しかし、単身ならばまだしも「結婚をしている身で転職!」となると、次の勤務先が決まっていない場合には、家族に大きな不安も……。転職に失敗してしまったとしても、家賃やローンなどの住まいにまつわる支払いは止まりませんから「夫婦で真っ青……!」な事態にならないとは言い切れません。

いざそうなってしまったときに慌てないためにも、今回は、そんなときのために知っておきたい“お金”にまつわるお話を2つご紹介します。

ハローワークでもらえる“失業給付金”

これまで雇用保険に加入していた人が「失業状態」と呼ばれる状態になった場合には、失業給付金が受給できます。ただし、ここで言う“失業状態”とは「働こう」という意思が本人にあり、積極的な転職活動を行なっていながら、なかなか勤務先が決まらない状態を指します。

また、失業給付金を受給するためには過去の2年間に雇用保険に通算1年(12ヶ月)以上加入していることも条件です。ざっくり言うと以上のような制度ですが、厳密には受給を受けられる条件はいろいろとありますので、給付金を受けたい人は、まずはハローワークの窓口に問い合わせると安心です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.