くらし情報『拭き掃除で節約!こまめに使えてエコな「ウエス」を作ってみよう』

拭き掃除で節約!こまめに使えてエコな「ウエス」を作ってみよう

2018年2月16日 17:30
 

古くなった衣類やタオルの始末はどうしていますか?
一手間かけることで、最後まで役立つエコなお掃除アイテム「ウエス」になってくれます。手元にウエスがあれば、こまめに拭き掃除をして家じゅうピカピカにできるかも。

今回は、いつもの拭き掃除をもっと手軽にしてくれる手作りのウエスを紹介します。

ウエスって何?

業務用の拭き掃除で使用する布を「ウエス」と言います。普段使う雑巾は端が縫われていて用意するのに手間がかかりますが、ウエスはもっと簡単に準備できます。

ウエスは、もともと古い布やぼろキレを使っていたこともあり、いらなくなった布製品をカットするだけでOKなんです。布の特製によって、使う場所を分けると便利。水を吸収しやすいタオル地や天然素材は、水拭きや濡れたところに。化学繊維のフリースなどはからぶきに向いています。

昭和の時代も、こうした古い布きれを掃除に活用していたということ。ちょっとエコな時代にタイムスリップする気分で、ウエスを作ってみませんか?

たくさん作ってエコに節約!

手作りお掃除アイテム「ウエス」の作り方


今回は、自宅にあったものを活用して作ってみました。
・使い古しのバスタオル
・サイズアウトした子どもの服(※もともとお下がりでもらって着古したもの)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.