くらし情報『間接照明とインドアガーデンのインテリアで癒されよう』

間接照明とインドアガーデンのインテリアで癒されよう

2018年2月16日 18:00
 

照明と言っても、さまざまなものがあります。

主に白熱電灯や蛍光灯が直接照明や間接照明、半間接照明として用いられています。

インテリアを癒しの空間とするなら、間接照明とグリーン(観葉植物)を用いることです。

そもそも間接照明ってどういうもの?

間接照明とは、光をいったん壁や床、天井などにあてて、その反射光で照らすものです。

明るさを求めるというよりは、雰囲気を楽しむための照明で、眩しくなく、目に優しいことから、近年では多くの住宅に採用されています。

ソファーやベッドの横に置く場合は、ある程度高さのあるほうが眩しくなく、柔らかな光が楽しめます。

和室などには、背の低いキャンドルタイプなどの直置きがおすすめです。

間接照明は、ゆとりや癒しといった心理的な効果があり、日常を非日常に変えるアイテムです。

間接照明といってもいくつか種類がある

ここでは、間接照明の種類を3つほど紹介します。

・フロアランプ

背が高めのフロアランプは、読書をするときなどの手元の照明に効果的なだけではなく、部屋に奥行きを作る効果もあります。

関連リンク

・【今週のLIMIA推し】おうちの中も衣替え!〔Salut!〕のペイントグッズが大活躍☆
・毎日を素敵に演出♪とっておきの『グラス』で夏のドリンクをもっとお洒落に楽しもう!
・賃貸でもあきらめない!好みのインテリアにチェンジするアイデア
インテリア照明1


・テーブルランプ

テーブルなどの卓上に置いて、手軽に使える照明です。

インテリア照明2


・ペンダントライト

食卓の上などを照らすもので、料理がおいしそうに見えます。

インテリア照明3


さらに癒されるインテリアには、インドアガーデンがおすすめ

間接照明に映える観葉植物をインテリアに取り入れると、さらに癒されます。

インテリア照明4


特に、マイナスイオンを放つ観葉植物の「サンスベリア」は、空気清浄器の役目をしてくれます。

その他にも「モンステラ」や「パキラ」、「アレカヤシ」などが適しています。

100円ショップでも販売されている、エアープランツやミニサボテンを並べておくだけでも癒されます。サボテンのトゲが苦手な人は、多肉植物の「金の成る木」や「アロエ」などがおすすめです。

まとめ

インテリア照明5
インテリア照明6


体や心を癒す間接照明とグリーンをインテリアに同時に取り入れることで、ストレスが軽減されます。

お気に入りの明かりとグリーンでリラックスして、1日の疲れを取りましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.