くらし情報『必要経費として処理できる租税公課とは【不動産用語集】』

必要経費として処理できる租税公課とは【不動産用語集】

2018年2月11日 06:00
 

経費にできる税金は、知ってるよね?租税公課とは【不動産用語集】


租税公課ってなに?

租税公課は「租税」と「公課」を合わせた簿記上の勘定科目のことで、必要経費として処理できる公のお金のことをいいます。

経費で落とせる税金や公的な負担金のことを指す租税公課は、「公租公課」なんていい方もします。

「租税」と「公課」では、取り扱うお金が異なります。
それぞれみてみましょう。

租税
一部の国税や地方税などの税金のこと
(法律に則り所得や取引、商品などの行為や財産から徴収する税金)

公課
地方公共団体などの団体から課せられる会費、組合費、賦課金や罰金などのこと

「租税」「公課」の具体的な税金って?

租税
・国税
登録免許税、印紙税、収入印紙など

・地方税
固定資産税、不動産所得税、償却資産税、自動車税、軽自動車税、自動車取得税、自動車重量税、事業税など

公課
・各種手数料
印鑑証明書や住民票の発行手数料、公共サービスに対する手数料など

・団体に対する会費、交付金
商工会や商工会議所・協同組合・同業者組合や商店会などの会費、組合費、賦課金など

租税公課に含まれるもの

租税公課に含まれるものを上述しましたが、ここでは逆に含まれないものをご紹介します。
税金や公の負担金に該当しないのは、以下4つの税金です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.