くらし情報『一緒に住んでみて初めてわかる?「二人暮らし」の間取りを決める際のポイント』

一緒に住んでみて初めてわかる?「二人暮らし」の間取りを決める際のポイント

2018年2月10日 11:00
 

二人暮らし


週に一度会っていただけの時は問題なかったのに、生活スタイルが違う二人が一緒に住み始めた途端に喧嘩に発展してしまうことは珍しい話ではありません。そこで最も重要なポイントとなってくるのが間取りです。初めての二人暮らしにはどの間取りが最適なのか、それを決める際のポイントもあわせて解説していきます。

二人暮らしにおすすめの間取りは2DK

一緒に住み始める二人がどういった価値観を持っているのかはさまざまですが、一人の時間を確保したいと考えている人には2DKがおすすめです。特に20代など若い二人にとっては家賃などお金の問題も発生しますが、比較的安く住み始めることが可能です。

  • 2部屋+ダイニングキッチン
  • 2DKとは「居住用の部屋が2つ+ダイニングキッチン」の間取りを表しています。お互いのスペースが設けられるのは2Kも同じですが、2DKにはキッチンが食事をする場所を兼ねていることからも、ゆっくりと二人で過ごす空間も作ることができることが大きなメリットです。

  • ストレスを感じにくい
  • 今まで異なる環境で育ってきた二人。そのため生活スタイルが違えば、ちょっとしたことでも喧嘩に発展してしまう可能性があります。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.