くらし情報『家づくり費用全体の約3割占める? 建物本体工事以外にかかる費用の正体とは』

家づくり費用全体の約3割占める? 建物本体工事以外にかかる費用の正体とは

2018年2月15日 07:30
 

家を建てる際には、建物本体の建築費の他に「別途付帯工事」と「諸費用」が必要になります。家づくりの予算にも大きくかかわるこの費用はどのような内訳でどれくらいかかるものでしょうか。ここでは、別途付帯工事、諸費用の主な内訳と費用の目安について紹介します。

家を建てるには本体建築費以外にも必要な費用がある

家を建てようと計画したら、家づくりのためのおおよその予算を計画することになりますが、家の予算額=本体建築費と単純に計画することはできません。なぜなら、家を建てるには、本体の建築工事費用の他に「別途付帯工事」と「諸費用」と言われる費用も百万単位で必要になる場合があるからです。それぞれの内訳や費用の目安を確認していきましょう。

●別途付帯工事
別途付帯工事とは、建物本体工事以外にかかる工事費になります。例えば、土地の地盤補強工事や古い建物の解体工事、照明やカーテン工事、外構エクステリア工事、冷暖房工事などになります。別途付帯工事費の目安としては、家づくり全体のおおよそ2割前後を予定しておきたいところです 。2500万円が家づくり全体の予算と考えた場合、約500万円の費用がかかる可能性があります。しかし、別途付帯工事は、その全てが必要な費用となるわけではありません。例えば、古い建物の解体工事費は、建て替えなどで古い家がある場合に必要な費用であり、更地の土地に住宅を建てるなら必要のない費用です。また、地盤補強工事も土地の地盤調査の結果により補強工事が必要であると判断された場合であり、盤石な地盤では必要のない費用になってきます。このように別途付帯工事は、家を建てるための条件がひとつひとつ違うことがあること、また、照明器具やカーテン、外構エクステリア工事などは予算内でまとめるためにグレードや範囲などを選択することもできるため、ある程度費用を抑えることもできます。

●諸費用諸費用とは、家を建てる過程で必要になる直接的な工事とはまた違う種類の費用になります。例えば、契約印紙代や登記の費用、火災保険料、住宅ローンの手数料、仮住まい費用などになります。諸費用の目安としては、家づくり全体のおおよそ1割前後を予定したいところです。 2500万円が家づくり全体の予算と考えた場合、約250万円の費用がかかる可能性があります。諸費用に関しては、仮住まいが必要かどうか、住宅ローンを組むかどうかによっても変わりますが、申請料や、印紙代、登記料などはある程度固定的な費用になるため、この部分で費用を抑えることは難しいでしょう。

本体建築工事以外におよそ3割が必要

家づくりの際には、別途付帯工事、諸費用あわせておおよそ3割程度の費用が必要になると想定されます。住宅ローンを計画する際にも、このような費用が必要になることを覚えておき、自己資金とあわせて組み立てていくことをおすすめします。

別途付帯工事を本体建築費に含む場合もある

住宅の見積書の書式は、各住宅会社によってオリジナルで作成されています。そのため、別途付帯工事が本体建築工事の内訳に含まれていることもあります。例えば、照明器具やカーテン工事は、それぞれ電気工事、内装工事に含んでいる会社もあります。また冷暖房工事は本体の住宅設備機器工事に含んでいる可能性もあります。このように、別途付帯工事については、建築費の中に含まれているケースもありますので、見積りや資金計画書を提示された場合は、「他に必要となる費用はないか?」ということをしっかりと確認することをおすすめします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.