くらし情報『自然素材の家ってどんな家?メリット・デメリットとは』

自然素材の家ってどんな家?メリット・デメリットとは

2018年2月17日 11:00
 

自然にも体に優しい印象の自然素材を使って家を建てたいと考えている方は多いのではないでしょうか。でも、「お手入れが大変」「キズがつきやすい」という話もあり、家づくりの素材として取り入れことに迷っている場合もあるでしょう。ここでは、自然素材のメリットとデメリットについて紹介します。

そもそも、自然素材の家とは?

自然素材の家とは、仕上げの素材に無垢の木や珪藻土などの左官壁、石材や和紙など自然の素材を使った家づくりのことを指しています。仕上げの素材に一部ビニールクロスを使っていたとしても、ほとんどの部分に自然素材を採用していれば「自然素材の家」と言えるでしょう。

自然素材のメリットは?

自然素材の一番の特徴は、その素材感ではないでしょうか。例えば無垢の木材なら、柔らかな雰囲気で、肌さわりもよくさらりとしています。既製品の合板フローリングは夏場など湿度の高い季節は素足ではペタペタした吸い付くような感触になりますし、冬場はヒヤっとした冷たさが足元から感じることがあります。無垢材のフローリングは、「木材」そのものが呼吸をして調湿しているため、湿度が高くてもさらっとした感触です。また、冬でもヒヤっとした冷たい感じにはなりません。季節に左右されず素足でも心地よく過ごせることは大きなメリットでしょう。また、珪藻土や漆喰などの左官壁や紙クロスは素材の持つ調湿作用と清浄作用で、室内の湿度をコントロールしたり、いなや臭いを吸収してくれる機能があります。近年の住宅は高気密高断熱で性能があがり、また24時間稼働している換気システムが運転している環境では、室内は乾燥しすぎる環境に傾く場合があります。このような時に、室内の仕上げ素材として調湿作用のある左官壁を使っていると、乾燥しすぎを緩和してくれる働きももっています。内装の色を自由に採用することができる点も、大きなメリットではないでしょうか。好みのスタイルを演出するためには、自分だけの室内色を作り出せることが理想です。無垢材と自然塗料の組み合わせならこのような要望も実現できます。

自然素材のデメリットは?

ぬくもりのある空間づくりには最適な自然素材ですが、いくつかのデメリットもあります。例えば、キズがつきやすいという面があります。特に、無垢材をフローリングに採用した場合、椅子の足や車輪のついたおもちゃなどはキズが付きやすいでしょう。また、水に強い素材ではないため、床の上に水が長時間放置された場合は、傷みやすくなります。珪藻土や漆喰などの左官壁も、ビニールクロス壁と比較した場合は、キズは付きやすいでしょう。絵の具など水分を含んだものを壁に飛ばしてしまった場合には、染み込んでしまうこともあります。洗剤を使って汚れを落とすことはできないため、汚れやすい部分では検討が必要です。

自然素材をきれいに長持ちさせる方法

自然の素材であるため、キズがつく心配もありますが、実はお手入れの仕方で既製品よりもきれいに長持ちできることもあります。例えば、無垢材のフローリングなら、普段は水拭きをせず基本は乾拭きをします。もちろん汚れがついた場合には、堅く絞った布で水拭きができます。もしキズがついた場合は、市販のペーパーヤスリで軽く滑らかにするとキズは消えまた平坦な表面になります。珪藻土などの左官壁も、キズはヤスリで軽く滑らかにすることにより、他の部分と均一になり目立たなくなります。また、手垢のような汚れは消しゴムで意外と簡単にけ消すことが出来ます。自然素材は既製品のように、洗剤を使ってゴシゴシというわけにはいきませんが、きちんとお手入れをすればまた「再生」してくれます。どちらが自分たちの家づくりに合っているか、暮らしが豊かになるかはメリット、デメリット両面を良く検討し、選択してみてはいかがでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.