くらし情報『【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア』

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア

2018年3月6日 17:00
 

大阪府摂津市で3線3駅を最寄駅とする「MIRAIMO SQUARE」。
春には、桜並木が美しい庄屋公園の目の前に位置する新築マンションのモデルルームが商談開始と聞いて見学会へ行ってきました。

最寄駅「正雀」駅まで徒歩5分、そこから阪急京都線で「梅田」駅まで18分という快適アクセスの立地に誕生しました。

北摂エリアでありながら、3LDKが3000万円以下で選べます。
スーパー、小学校、中学校、病院、公園、銀行など生活利便施設がすべて徒歩圏内に揃っています。
この環境でこの販売価格、どのような物件なのか興味津々です。

阪急京都線「正雀」駅の周辺環境は充実

関連リンク

・アートを暮らしに取り入れる!アートフレームや立体オブジェのおしゃれなディスプレイアイデア
・使い勝手もデザインもパーフェクト♪セリアで揃う、暮らしの便利品をご紹介
・【Can★Do】マリンでそろえるおしゃれキッチンアイテム4選♪
【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
最寄駅の一つ、阪急京都線「正雀」駅まで平たんな道のりを歩いて5分。
駅前には、郵便局やコンビニ、飲食店などが軒を連ねています。

電車に乗る前、もしくは駅からの帰宅途中に駅前で用が済ませられるのは嬉しいです。

日常では欠かせない買い物環境は整っている

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
現地から「ライフ」まで徒歩6分、「サンディ」まで徒歩7分、「satake」や「フレンドマート」までは徒歩10分。
毎日の食事に欠かせないスーパーも現地周辺に複数点在しています。
新鮮な野菜・魚・フルーツなど、お店の品揃えの特長やお買い得な日を選んでスーパーが選べます。

MIRAIMO SQUAREのエントランス

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
現地・マンションのエントランスを入ると目の前に、大きな窓越しに趣のある庭園が設けられており、ご自身はもちろん、両親・兄弟といった親類や友人・知人といった来客を上品に出迎えてくれます。

気品溢れるソファやテーブルもあり空調も管理されているので、マンション内の友達との待ち合わせにも最適です。
【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
エントランスを入って左手には、お子さんを遊ばせられるママズラウンジがあります。
座り心地の良いソファとテーブルもあり、クッションの効いたキッズスペースでお子様を遊ばせながら、マンション内のママ友と会話を楽しむことができます。

また、キッチン付きの集会場は予約をすればお子さんの誕生日パーティーなどにも利用できるそう。家族の記念日やお雛祭り、端午の節句といった季節行事にみんなを招待して楽しむことができます。

解放感が伝わるリビング

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
広々としたリビングには大きくどっしりとしたソファ、壁一面に施された重厚感あるデザイン壁と収納棚、圧倒される雰囲気です。
空間が広いので、自分好みの家具で思い存分インテリアコーディネートができそうです。

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
モデルルームでは、もともとは和室だった場所をリビングにしているので、押入れを洋風の収納に変更になるよう。

小物から大きめの荷物まで収納できるうえ、奥行きがあり天井までたっぷり入る収納がリビング横に配置されていることで、便利さがアップしています。

理想的な対面キッチンと吊り戸棚収納

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
対面キッチンとダイニングは、バルコニーからの採光で明るく清々しさがあります。

シンク上部には吊り戸棚があり収納率を上げています。
対面式になっているので、お子さんや夫婦の会話も楽しめます。

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
キッチンのシンクは、洗い物時の水流や食器が落ちて発生する音を軽減する静音シンクになっていました。
ダイニングでの会話やテレビの音声を邪魔しないので、気持ちよく過ごせます。

また、洗い物が苦手な方の強い味方となる食器洗い乾燥機付きで、収納できる引き出しもたくさんありました。

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
キッチンのコンロの後ろにも、ロータイプの食器棚が設置されていました。
スプーンや調理器具などを収める引き出しが多くあり、カウンター部分には電子レンジや炊飯器といった家電を置くスペースがあります。
使い勝手の良いキッチンの家具配置になっています。

大きめのベッドも置ける寝室

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
モデルルームの主寝室は、2つの洋室の間の壁を取り、1つの大きな洋室に変更されていました。
大きめのベッドを置いても広々。

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
間取り変更で帖数が広くなった主寝室には、ウォークインクロゼットの大型収納が配置されています。
上部には、カバンや帽子などが置ける棚があり、ワンピースやコートといった長さのある洋服も収納できます。

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
もう一つの大型収納は、畳んだワイシャツ、セーター、スカーフといった洋服はもちろん、アイロンといった家事に使う電化製品も配置できる棚が付いていることで、便利さと使い勝手がアップしているプランです。

毎日使う洗面所スペース

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
洗面台の三面鏡の裏は、すべて収納スペースになっているので、女性の化粧品類や男性のシェイバーなどもスッキリ収納できます。

カウンターは継ぎ目がなく手入れがしやすい一体型のボウルになっています。
また、小さいお子さんでも顔が映るよう、カウンターと三面鏡の間にも鏡が設置されています。

ゆったりした浴室

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
角住戸ということもあり、浴室には窓が付いており風を通すことができるようになっています。

また、楽な姿勢で浴槽に出入りできるよう高さ45cmの低いまたぎ高さになっています。
排水口は、髪の毛などがきれいに取れるタイプのものが採用され、浴室はもちろん洗濯物が乾燥できる浴室暖房乾燥機も付いています。

マンションの醍醐味!?バルコニーからの展望

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
リビング・ダイニングに面するバルコニー側の窓は、真ん中が開くセンターオープンタイプで、開口部を大きくとることができます。

そのため春や秋といった気候の良いシーズンは、窓を開けて心地よい風を室内に運ぶことができます。
【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
7階からの眺めはとても開放的で気持ちが良かったです。
こんな風景が日常になるんだと思うと、ちょっとリッチな気分です。

出幅1.9mの広々バルコニーには、掃除用具が洗えたりガーデニングの水やりができるスロップシンク付きなのが嬉しい。

気になる3LDKもチェック

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
見学したもうひとつの棟内モデルルームは、71平方メートル台の3LDKでした。
和室があるタイプなので、来客があったときの部屋としても使えます。

また和室は、乳幼児がいる家庭なら目の届くところで寝かせられますし、歩き出した小さなお子さんの遊び場としても活用できるマルチな部屋になります。

忙しい主婦に配慮した導線に注目

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア


キッチンと洗面室・浴室がつながった間取りは、何かと忙しい主婦に配慮した家事動線の良い水廻りの配置になっています。

デザイン性のある寝室

【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
主寝室は、デザイン性のあるクロスでシックに仕上げられ趣が漂う室内でした。
こんなお部屋なら快眠できそうだし、朝も清々しく起床できそうです。
【マンション見学レポート】vol.15 ミライモスクエア
主寝室は、壁一面がクローゼットになっていて天井まであるたっぷり収納できる仕様を採用しています。

3つに区分されているので季節ごとに分けたり、ご主人様用と奥様用、共有で使うスペースというように使い分けることもできます。

設備仕様は使い勝手の良いものばかりで、入居後の生活が楽しくなりそうな内容でした。
ママズラウンジやキッチン付き集会場など、必要な共有施設に絞ることで管理費などを低くおさえることができているそうです。

住んだ後のランニングコストのことも考えてプランニングされているのは嬉しいですね。

詳しくはこちら
ミライモスクエア
マンション公式HP

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.