くらし情報『【武蔵浦和】南区の住みやすさとさいたま市の子育て環境』

【武蔵浦和】南区の住みやすさとさいたま市の子育て環境

2018年3月7日 19:00
 

JR埼京線とJR武蔵野線が乗り入れる武蔵浦和駅は埼玉県さいたま市南区にあります。
西口にはタワーマンションが建ち並び、南区役所もその一角にあります。
JR埼京線は川越・大宮から池袋・新宿方面とりんかい線直通で渋谷・大崎・国際展示場方面。
JR武蔵野線は京浜東北線へ乗り換えができるお隣駅「南浦和駅」と、越谷レイクタウン、船橋方面へ。東京方面は府中方面にアクセスが可能です。
とくにJR埼京線は快速電車などすべての電車が停車するので通勤・通学の流れは良いといえます。

浦和といえばJR京浜東北線の浦和や南浦和などが知名度ありますが、その西側エリアに位置する武蔵浦和駅は都市開発が行われ、今では高層マンション、郊外には戸建てなどの住宅街が広がります。ここでは武蔵浦和駅周辺の住みやすさとさいたま市の子育て環境をご紹介します。

高層マンションが増えファミリー層も増加

目次

・高層マンションが増えファミリー層も増加
・車がなくても買い物便利な武蔵浦和へ
・昔から雰囲気が変わらない西口
・児童が増え続ける小学校
・さいたま市の子育て環境
・ロッテ浦和球場はあるけどやっぱり浦和レッズ?
・東京とさいたま市の中心・武蔵浦和
・あわせて読みたい!家族で探す住みたい街
【武蔵浦和】南区の住みやすさとさいたま市の子育て環境
平成30年3月1日現在、さいたま市で一番人口が多いのが実は南区なのです。
おそらく、大宮区や浦和区はビジネス街や商業施設も多く、住むところとなると駅から離れたエリアになることがあります。

武蔵浦和の南区はほぼ駅前から住宅街が広がっているので人口や世帯数が増える要因かもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.