くらし情報『手軽なアレさえあれば!?賃貸物件で「壁に穴を開けずに」アートを飾る方法』

手軽なアレさえあれば!?賃貸物件で「壁に穴を開けずに」アートを飾る方法

2018年3月27日 16:00
 

春は転居の季節。既に転居も終え、荷物の整理も終わっている人もいると思いますが、部屋の片付けが終わったら、壁にアートなどをセンス良く飾って、自分好みのインテリアコーディネートがしたくなりますね。

しかし一般的な賃貸物件では、画びょう程度の穴ならOKでも、ネジ穴や釘穴はNGになっていることが多いようです。それでもやはり無機質な壁に、アートくらいは飾りたいもの。インテリアコーディネーターの資格を持つライターの宮崎 悠が賃貸物件でも壁に穴を開けずにアートを飾る方法をご紹介します。

石膏ボード壁の場合

賃貸物件の壁には2種類あり、石膏ボードかコンクリートのどちらかが一般的です。壁がどちらかによって、アートを飾るために使用できるアイテムが違うため、まずは石膏ボードかコンクリートかの確認をしてみましょう。確認は、まずは壁を叩いて判断します。「コンコン」といった壁の奥に響くような軽い音の場合は石膏ボート、「ペチペチ」といった壁そのものを叩いいるような音の場合はコンクリートです。それでもわかりにくいという人は目立たない場所に針を刺してみてください。スッと刺さり、針の先に白い粉が付いていたら石膏ボードです。石膏ボードの壁の場合は以下のようなアイテムが使用できます。

ニンジャピン

目次

・石膏ボード壁の場合
・コンクリート壁の場合
・大きめのものは壁にかける以外の選択も
ニンジャピン

▲+d ニンジャピン 15ヶ入り クリア
ポスターや写真など、重量の軽いものなら、一般的な画びょうと比較しても穴がほとんど目立たないニンジャピンがおすすめ。しかし、ある程度重量があるものを飾る場合は、ピンが細いため無理があります。

ハイパーフック「かけまくり」
かけまくり

▲ハイパーフックかけまくり
ハイパーフック「かけまくり」は、ハイパーピン(2本の針)が付いた石膏ボード用の画びょうのこと。石膏ボードの中に入った2本の針は石膏ボード内で交差して開くため抜けにくくなります。重さのあるカレンダーでも普通の画びょうのように抜け落ちることはありません。このフックは一つで最大7kgまでかけられます。重量のあるものは2つ使うと安心なので、額縁や時計など重量のあるものを飾るのに最適です。取り外した跡も穴が非常に小さく再使用も可能で大変便利。壁が石膏ボードの場合は、これさえあればほとんどの物が掛けられるため一押しのアイテムです。

コンクリート壁の場合

コンクリート壁に絵を飾る方法としては、一般的なのが美術館やギャラリーなどで使用されているピクチャーレールですが、レールを取り付ける際に天井や壁面に穴を開ける作業が必要なため、賃貸物件では使用できません。そこで以下のような方法をおすすめします。

コマンドフック
コマンドフック

▲3M コマンド フック クリア
コマンドフックは穴を開けずに貼るだけのフックです。しかも剥がした跡のベタベタがなく、壁を傷つけないため人気の商品。コマンドフックには、汎用・カレンダー用・小物用・浴室用などさまざまなタイプがあり、汎用では最大荷重が3.5kgのものもあります。飾るアートの重量によって、一つ使いや二つ使いもできます。

大きめのものは壁にかける以外の選択も

イーゼルを使用する
イーゼル


壁に飾るものは軽く小さなアートにして、大きなものはイーゼルを使用するのもいいでしょう。イーゼルは木製とアルミ製が一般的。それぞれにメリットがあり、木製は温かみがあり、アルミ製は耐久性や安定性があります。サイズも豊富なので、飾りたいアートに合わせて選びましょう。

チェストやローボード、ベンチの上、床に置くのもアリ!
手軽なアレさえあれば!?賃貸物件で「壁に穴を開けずに」アートを飾る方法


アートの大きさやバランスを見て、ローチェストやローボードの上、シンプルな木製ベンチの上などに置いても素敵です。また直接床に置いて壁に立て掛けておくという方法もあります。複数のアートを飾る場合は、バランスやテイストの統一感に配慮することがセンスよく飾るコツになります。

住居は心身の疲れを癒し、明日の活力につなげていく大切なスペースです。帰って来るとホッとする部屋、居心地の良い部屋にするために、例え賃貸物件でも出来る範囲で自分流にカスタマイズしたいものです。お気に入りのアートがひとつあるだけでも、部屋の雰囲気はガラリと変化します。まずは壁の種類を確認し、色々な方法の中からお気に入りのアートを、お気に入りの場所に飾ってみてはいかがでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.