くらし情報『日本女性の衣服の移り変わりを巡る展覧会「再現 女性の服装1500年─京都の染織技術の粋─」がまもなく終了 古墳時代から明治時代初期までの女性の服装の変遷』

2021年9月2日 10:15

日本女性の衣服の移り変わりを巡る展覧会「再現 女性の服装1500年─京都の染織技術の粋─」がまもなく終了 古墳時代から明治時代初期までの女性の服装の変遷

公益社団法人京都染織文化協会(京都府京都市下京区)は、創立80周年を記念して、昭和初期に作られた復元時代衣裳を用いた着装展示によって日本女性の服装の変遷を見ていただく展覧会を、文化学園服飾博物館(東京都渋谷区代々木)にて開催しています。

主催/公益社団法人京都染織文化協会・文化学園服飾博物館
後援/京鹿の子絞振興協同組合・京都刺繍協同組合

日本女性の衣服の移り変わりを巡る展覧会「再現 女性の服装1500年─京都の染織技術の粋─」がまもなく終了 古墳時代から明治時代初期までの女性の服装の変遷

飛鳥・奈良時代の衣裳

■開催概要
会期 :2021年7月15日(木)~9月28日(火) 10:00-16:30
※9月17日は19:00まで
場所 :文化学園服飾博物館
東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル
休館日:日曜、祝日
入場料:一般500円 大高生300円 小中生200円
※状況により開館日・開館時間等が変更される場合があります。最新情報は博物館HPで確認下さい。

■展覧会の3つの特徴
1. 2階展示室では古墳時代から明治時代初期までの女性の服装をマネキン着装で展示。日本女性の衣服の変遷をご覧いただけます。
※復元衣裳だからこそできる「着装展示」。昭和初期に制作された染織祭女性時代衣裳は、当時の技術を再現した貴重なものです。

2. 1階展示室では文化学園服飾博物館所蔵の江戸時代から昭和時代前期までの貴重な時代衣裳(衣桁掛け展示)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.