くらし情報『昭和96年、福岡の親不孝通りが育てたシンガーソングライターの新作CDアルバムが2021年10月1日全国発売!』

2021年9月16日 18:00

昭和96年、福岡の親不孝通りが育てたシンガーソングライターの新作CDアルバムが2021年10月1日全国発売!

kusaongaku labo./宅嶋淳事務所は、福岡を中心に全国をギター1本で旅するシンガーソングライター、宅嶋淳(たくしまあつし)が自らのレーベルkusaongaku labo.(クサオンガクラボ)より全国の主要CDショップにて販売を開始することをお知らせします。

昭和96年、福岡の親不孝通りが育てたシンガーソングライターの新作CDアルバムが2021年10月1日全国発売!

「おれのだいじなあのこはいまにもくるいそうな目で」

ソロアルバムとしては2017年に発表した「さよならマチルダ」に続く2作目となる今作は、ヴァイオリンに谷本仰(トリオ・ロス・ファンダンゴス)、ピアノに菅原敏(Re-Trick)、パーカッションにaji(Tommy&Aji)、コーラスに大角太郎(MEGA LOVE)等をゲストミュージシャンに迎え、heacon labo(福岡市中央区渡辺通)でレコーディングしたものです。

全国のライブで人気が高かったカヴァー曲も多く取り入れた作品でもあり、THE MODS「Let's Go Garage」、モダンドールズ「浮気なジャングルビート」などの福岡を代表するバンドから、Bob DylanやLou Reedの作品を日本語に昇華した意欲作も多いのが特色です。

歌唱力が高いわけでもなく、聴いたことがないアレンジがあるわけではなく、むしろ「どこかで聴いたことがある」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.