くらし情報『花びら1枚1枚に願いを込めて“flower Xmas” 12月15日(水)~12月27日(月)、大阪6会場で「大阪インフィオラータ2021」開催!』

2021年12月6日 10:00

花びら1枚1枚に願いを込めて“flower Xmas” 12月15日(水)~12月27日(月)、大阪6会場で「大阪インフィオラータ2021」開催!

約400年前、サンピエトロ寺院で花絵と進化、それが芸術へと昇華し、世界中の花絵師達が腕を競い合っています。今ではインフィオラータの国際連盟も組織化され、2006年より2年に1度世界大会が開催されます。
インフィオラータの最大の特徴は、花絵はすべて市民の手で創られるということです。そして数時間、数日後には司教達の行進により崩されてしまいます。そのためエフェメラル・アート=儚い命のアートとも呼ばれ、その瞬間の美しさを求め、会場には多くの観光客が訪れます。

■大阪インフィオラータ2021総合監修
藤川靖彦
花絵師/フラワースケーピスト
株式会社インフィオラータ・アソシエイツ 代表取締役社長
一般社団法人花絵文化協会 代表理事

1961年東京生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
限りある命=Ephemeralをテーマに、国内外において花やキャンドル等を使ったエフェメラル・アートを創作。大地をキャンバスに花びらで描く花絵「インフィオラータ」の日本の第一人者で、現在まで20年間に国内外380ヵ所以上で1,500作品を超える作品を創作・プロデュース、年間150万人以上の集客をはかるアートイベントへと育て上げた。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.