くらし情報『フードロス削減年末年始、レストランで牛乳消費のアクション』

2021年12月28日 11:00

フードロス削減年末年始、レストランで牛乳消費のアクション

京阪グループのフラッグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」(京都市下京区・ 総支配人:井上貴史)は、12月31日(金)から2022年1月3日(月)の4日間、年末年始に大量廃棄の発生が懸念されている「牛乳」の消費拡大を応援するためのアクションを実施します。
フードロス削減年末年始、レストランで牛乳消費のアクション

フードロス削減年末年始、レストランで牛乳消費のアクション


長引く新型コロナウイルス感染症拡大の状況下で落ち込んだ、お土産需要をはじめとする牛乳・乳製品への需要が回復しきっていない一方で、乳牛は病気を防ぐため毎日搾乳する必要があり、生乳の生産量をコントロールすることは困難です。このため、今年度の年末年始は、例年以上に処理不可能な生乳の発生が懸念されており、農林水産省も、牛乳の消費拡大に向けた「NEW(乳)プラスワンプロジェクト」を始動しています。
そこで、THE THOUSAND KYOTOでは、以下の取り組みを実施し牛乳消費を応援いたします。

◆1,000本の牛乳を宿泊客に無償提供
12月31日(金)~2022年1月3日(月)の期間中、イタリア料理「SCALAE」で朝食を召し上がられるご宿泊のお客さまに、計1,000(THOUSAND)本の瓶牛乳を無償提供いたします。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.