恋愛情報『ガッカリ……子どもの頃は可愛かったのに大人になってそうでもなくなる理由』

2016年6月9日 11:55

ガッカリ……子どもの頃は可愛かったのに大人になってそうでもなくなる理由

SNSなどで、自分の子どもの頃の写真をのせている方をよく見かけます。自信があるのでしょう。やっぱり、それなりに可愛いです。 でも正直、だいぶ劣化してしまった方も多い。どことなく面影は残っているものの、かつての可愛さは鳴りを潜めてしまっています。きっと、親も周囲も期待していたでしょうに。どこで変わってしまったのか……。 今回は、子どもの頃は可愛かったのに、大人になるとそうでもなくなる理由についてご紹介します。
352125572_adf03a514c_o


■ 1:体重の変動

子どもの頃は誰しもぽっちゃりしているもの。でも、大人になるにつれそのまま順調に肥えてしまうと、可愛いとは言えなくなります。逆に痩せすぎて、可愛さとはほど遠くなってしまう場合もあります。体重の変動は、容姿に大きく関わってきます。ちょっと努力すれば……とは思いつつも、なかなか変われないものです。

■ 2:目が小さい

人間の眼球は、成長してもそれほど大きさは変化しません。同様に、目の大きさもさほど変わりません。子どもの頃は顔も小さいので、目が小さいのも比率的に気になりませんが、成長するにつれ骨格が変わると、目の小ささがハッキリ分かるようになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.