恋愛情報『30代女子が陥りやすい?「傷つきたくない症候群」』

2019年6月13日 07:45

30代女子が陥りやすい?「傷つきたくない症候群」

本命だと思っていたのにキープだった、実は二股をかけられていた……。

そんな経験をして、もう二度と傷つきたくない、それならもういっそ、ひとりでいい! なんて思ったことはありませんか?

今回は、そんな人が陥りがちな「傷つきたくない症候群」と、その対処法についてご紹介します。

傷つきたくない症候群


■ 誘われると妙に不安になる

「今度ふたりで食事でもどう?」と誘われると、嬉しい反面妙に構えてしまう……。

相手が気になる男性であればあるほど、不安になるといったことはありませんか? これは、傷つきたくない症候群のひとつ。

どんどん好きになって、自分が夢中になっていくと同時に、「裏切られたら……。」という不安も大きくなってしまう状態になってしまうのです。

対処法は、恋愛意識ゼロで誘いに乗ること。友だちのつもりか、1回限りでOKと考えてみてください。

誘った彼が、恋愛を意識していることも多いと思いますが、それに付き合う必要はありませんし、無理に恋愛イベントにする必要はありません。

傷つく心配のない異性との時間を経験していけば、次第に誘われるのが怖くなくなるはずです。

■ 自信のなさから理想を持てない

恋で傷ついた経験があると、持っている恋の理想が高すぎる・贅沢すぎると考えてしまいやすくなります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.