恋愛情報『気をつけて!自分大好きな女子と勘違いされるセリフ』

2019年8月19日 14:45

気をつけて!自分大好きな女子と勘違いされるセリフ

友達同士ではネタや冗談として通じ合えていたことが、男性からは「この子ってずいぶん自分に自信があるんだな……」と、マイナスに捉えられてしまうことがあります。

自分ではそういうつもりはなかったのに、たった一言がきっかけで彼に引かれてしまっては、後悔も大きいですよね。

そこで今回は“自分大好きな女子と勘違いされるセリフ”についてご紹介します。

気をつけて!自分大好きな女子と勘違いされるセリフ


■ 1、「私って○○じゃん?」

たとえば「私ってパクチー嫌いじゃん?」など、相手が知っている前提で話しはじめる女性っていますよね。

男性からすると「いやいや、知らないよ!」とツッコみたくなります。

しかも実際に「パクチー嫌いなんだ、知らなかった」と言うと「え!前インスタのストーリーにアップしたのに!」と、本気で驚いたり……。

悪気がないのはわかるのですが、男性側としては「なんで俺が責められるんだ?」と腑に落ちません。

ここは普通に「私パクチー苦手なんだよね」と言えばいいと思いますよ。

■ 2、「言いたいことわかってくれた?」

趣味でもグチでも何でも良いのですが、一通り喋ったあと「言いたいことわかってくれた?」と念押しする女性。

「もちろんちゃんと話聞いてたよね?」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.