恋愛情報『もっと話したい!男性がつい話したくなる相槌とは?』

2019年8月17日 13:45

もっと話したい!男性がつい話したくなる相槌とは?

楽しい会話に欠かせない「相槌」。

でも、「うん」「へ~」「そうだね」というありふれた相槌だと、「俺の話、おもしろくないのかな?」と思われてしまう危険性も……。

どうせなら、男性が「もっと聞いてもらいたい!」と思ってしまう相槌を活用してみましょう!

もっと話して!男性がつい話したくなる相槌とは?


■ 「あ、それわかる~!」

彼の体験したことなどを聞いているときに使える、共感のセリフ。

もちろん、よく使う「そうだね~」「わかる~」というのもいいのですが、少し共感が薄い相槌になります。

相手の話をよく聞いて、「私ならこう思う」「もしかして、彼も○○しちゃった?」と、心のなかで予測を立ててみてください。

そして、その予測が的中したなら、自然に「あ、それわかる~!」と言えるかもしれません。

いろいろ考えながら聞けば、共感ポイントを発見! と、嬉しそうな感じを自然と伝えられるはずです。

■ 「やっぱりそうなるよね~」

話を聞いていると、「あ、こういうオチかな?」と予測できるものもありますよね。

こういう場合、話している相手の男性も、たいていどうなるか予測してもらえることを期待して話しています。

予想通りのオチが来たら、「やっぱりそうなるよね~」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.