恋愛情報『人はどうして相手に運命感じちゃうの?それは正しいの?』

2019年10月24日 08:45

人はどうして相手に運命感じちゃうの?それは正しいの?

運命の人と出会って交際したいと望んでいる女子が多いからか、ネットには「運命の人」という言葉が飛び交っています。

少しものを知っている人が「迂闊に運命という言葉なんか使っちゃって……」と言っても、そんなのおかまいなしに、ネットの恋愛コラムは運命の人という言葉でにぎわっています。

さて、運命の人って、そもそもどんな人か、なぜ人は相手に運命を感じるのか…その「感じる」ことはどんなことか一緒にみていきたいと思います。

人はどうして相手に運命感じちゃうの?それは正しいの?


■ 運命の人とは?

自分が相手に対して、魂の震えのようなものを感じたら、その相手は自分にとって運命の人だ――この項では、運命の人を、このように定義したいと思います。

魂の震えを感じた相手=運命の人ということです。

魂の震えを感じる相手というのは、たとえば、自分と似たようなものを持っている相手のことです。

あるいは、自分が欲しくても手に入らないものを持っている相手のことです。この場合は、欲しくても手に入らないと思っているものを、「じつは」あなたはすでに心のどこかに持っている、あるいは、かつて持っていた、ということ。

つまり、あなたの知らないところで、あなたと相手は、じつは似たものをもっていた、ということです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.