恋愛情報『アラサーになってから気づく、20代のうちにやっておくべきだった恋愛活動』

2019年11月17日 14:45

アラサーになってから気づく、20代のうちにやっておくべきだった恋愛活動

なぜなら、この場合の“好き”って、あこがれの要素を含んでいるからです。

あこがれって、“相手の幻を追う”ということ。

好きな人と仲良くすることで、好きな人の“実態”を知り、「幻は幻だった」という“結論”を20代のうちに得ておかないと、いつまで経っても幻を追いかけてしまうハメになったりするのです。

■ 自分の性格と反対の恋愛活動

自分の性格と反対の恋愛活動


いつもガチャガチャとにぎやかに生き、そのような恋愛をしている人は、ときには写経するかのごとく、ゆっくりものを考える……。ということを、恋愛活動に取り入れてみましょう。

反対に、奥手すぎる女子は、ときには後先考えないで勘で行動してみましょう。

こんなふうに、自分の性格とは反対の恋愛もやっておいたほうがいいです。

ガチャガチャした恋愛をしている人は、30代に向けて、落ち着いてものを考えるということを知っておかないといけません。

そうしないとつねにキラキラした恋愛感情と下半身の多忙さに振り回されて、気づいたら40歳になって浦島太郎みたいになります。

まわりの友だちは子どもがいて、その子はもう中学生になるの?みたいな!

奥手な女子は、30代になると「もっと恋愛しておけばよかった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.