恋愛情報『実は好きだったの?男性の「脈アリLINE」とは』

2020年1月25日 11:45

実は好きだったの?男性の「脈アリLINE」とは

イイ感じになっていたのに、その時は何もなく……すっかり諦めた後に「実はあのとき、好きだったんだ」と告白される……なんてことがあるのは、困りますよね。

多くの男性は臆病なので、「相手も自分のことを好き」という確信がもてないと、なかなか告白しないのでしょう。

だからこそ、男性の脈アリサインに気づくことが大切です。

そこで今回は、LINEから分かる“脈アリサイン”をご紹介します。

実は好きだったの?男性の「脈アリLINE」とは


■ 会って話せばいいことだけど…

わざわざLINEで連絡してくるような内容でもないのに、男性からLINEがくるような場合は、脈アリの可能性があります。

たとえば、職場が同じで「ごめん、〇〇のやり方が分からなくて……」と次の日に直接聞けば済むLINEが来たり、「明日って雨降ると思う?」と天気予報を見れば済む内容をわざわざ送ってきたり。

男性がこんなLINEを送りたくなるのは、「何でも良いから連絡を取るきっかけがほしい」からでしょう。

「会って話せばいいのに……」なんて思うようなLINEが来た時は、意識しながら返信してあげてみるのがいいのかも。

■ 肯定や共感してくれる

特定の男性とLINEをしていて、あなたの発言を肯定してくれたり、共感してくれる内容が多く送られてくる場合は、脈アリの可能性があります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.