恋愛情報『気になる男性との間に、嫌な空気が流れたときの対処法』

2020年3月12日 14:45

気になる男性との間に、嫌な空気が流れたときの対処法

ケンカになるほどではないけれど、微妙な雰囲気になることってありませんか?

もしそれが気になる男性とだったら……。1秒でも早く、この空気を変えたいですよね。

そこで今回は、嫌な空気になったときにまずなにをすべきかをまとめてみました。

気になる男性との間に、嫌な空気が流れたときの対処法


■ 「~だったらごめんね!」と謝る

とにもかくにも、まずは謝ること!

「なんか変なこと言っちゃったかも。気分悪くさせちゃってたらごめんね!」と先に言えば、相手の「もしかしたら、抱いているかもしれない不快感」を軽減することができるはず。

謝ること=自分が悪いことを認める、というわけではありません。

「もし~だったら」という言葉を入れるのがポイント。相手への気遣いの言葉を伝えれば、自然と配慮のある人と映るはずです。

明らかに悪ければしっかり謝罪することが大切ですが、こういう場合は、あまり神妙な面持ちで謝る必要はありません。

「嫌われるのヤダからさ!」という感じで、明るくそっと寄り添う雰囲気をイメージで伝えるのがおすすめです。

■ 言動の根拠をわかりやすく伝える

「どうしてそんなこと言うの?」「なにを考えてるの?」など、たいてい微妙な空気になるときは、お互いのことを理解できていないことが原因です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.