恋愛情報『離れたくない…お泊まりデートで「一緒に寝たい時」の誘い方』

2020年6月6日 22:45

離れたくない…お泊まりデートで「一緒に寝たい時」の誘い方

大好きな彼の家にお泊まり。

ただ、まだ付き合い始めでお互い慣れていない時期は、気を遣いすぎて寝るのは別々……なんてことも。

せっかくのお泊りで、それは寂しいですよね。

“お泊まりデートで一緒に寝たいときの誘い方”について男性陣の体験談をふまえつつ、自然で上手な方法をご紹介します。

離れたくない…お泊まりデートで「一緒に寝たい時」の誘い方


■ 「寒いから」と気温を理由にして

「ベッドで一緒に寝るのもどうかと思い、毛布だけ持って隅のほうで横になったんです。
そうしたら、『寒いから一緒に寝よう』って言われて。すんなり潜り込めました」(26歳/介護)

「寒いから」というのは、かなり説得力のある言葉です。

男性としても、一緒に寝る言い訳として非常に使いやすいでしょう。

もし、1回呼んで男性が来ないようなら「風邪ひくから」と言えば、さらに近づきやすくなります。

■ 「寝相が悪いから」とあえて伝えて

「彼女が初めて泊まりに来たとき、夜になってそろそろ寝ようか……というところで彼女が、『私、寝相悪いから』って言うんです。
ていうことは、『一緒に寝る前提がある』ってことじゃないですか?だから自然に一緒にベッドに入れました」(26歳/金融)

「一緒に寝よう」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.