恋愛情報『共通の友達がいる方がいい?共通の友人がいないメリット・デメリット』

2020年6月18日 22:45

共通の友達がいる方がいい?共通の友人がいないメリット・デメリット

こういうのが面倒臭いやら気まづいやらで、生活しづらいことも。

共通の友人がいなければ、別れたらそれっきりになりやすいので、後腐れ的なものはありません。

■ そもそも彼の素性がわからない

共通の友人がいないことで一番不安なのは、彼の素性ではないでしょうか?

特に、マッチングアプリで出会った場合は、プロフィールが本当かどうかなんてわかりません。

筆者もマッチングアプリで知り合った人と付き合ったのですが、交際1カ月の時にひょんなことから彼の本名が教えられていた名前ではないこと、そして既婚者であるということを知ったのです……。

共通の友人がいれば、こういうことに巻き込まれずに済みますからね。

■ 何かあった際仲裁してくれる人がいない

共通の知人がいないデメリットは?


共通の友人がいれば、彼と何かで揉めて別れそうになった場合、フォローしてもらえることもあります。

彼と揉めた際、内心『別れたくない』と思っていても、素直になれなかったり、意地から連絡できなかったりで、結局破局になったりすることもあります。でも、共通の友人が間に入ってくれることにより、お互い冷静になれたり、素直になれることも十分あります。

その点、共通の友人がいないカップルは、二人だけで乗り越えなきゃいけないので、仲裁してくれる共通の友人がいるカップルよりは別れやすいでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.