恋愛情報『別れのシグナル…男性の「恋心が冷めた」サインとは?』

2021年10月26日 20:30

別れのシグナル…男性の「恋心が冷めた」サインとは?

付き合っている彼からの突然の別れ話……。

そんなことがあったら、悲しすぎますよね。

でも、もし別れのシグナルに早めに気づけたら、悲しい展開を避けられるかもしれません。

そこで今回は、男性の「恋心が冷めたサイン」をご紹介します。

別れのシグナル…男性の「恋心が冷めた」サインとは?


■ 「もう、なにも言わない」

彼女に対し、「〇〇してほしい」「〇〇は直して」と彼が言い続けていた場合。

そのポイントがあまりに改善せず、いくら言っても堂々巡りな場合、諦めと期待が行ったり来たりして険悪になることがあるようです。

この状況できちんと話し合いができればいいですが、お互い時間を取れない者同士だと、なかなか難しいでしょう。

すれ違いを生む前に、お互いに不満を溜めこまないよう、意識するのがポイントです。

■ 「なんで〇〇しないの」

多くの場合、男性は大好きな彼女のやることには、甘くなりがち。

もちろん少しでも気に入らないことがあると、口に出したがるタイプの男性もいます。

ただ時間が経つにつれて「好きだから許せるマジック」が解けていくと、だんだんと彼女への不満をぶつけるようになってきます。

これは、どのカップルにも起こる可能性のあること。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.