恋愛情報『男性に聞いた…デートで「萎えた瞬間」のエピソード』

2022年1月1日 21:45

男性に聞いた…デートで「萎えた瞬間」のエピソード

デートができるということは、少なくとも、彼があなたに対して好意を抱いているからでしょう。

でも、そのデートがきっかけで「もう関わりたくないな」と思われたら、ショックですよね。

そこで今回は、それを防ぐためにも、4人の男性に「デートで萎えた瞬間」について聞いてみました。

4人の男性に聞いた…デートで「萎えた瞬間」のエピソード


■ ほかの男性との電話を優先したとき

「食事しているとき、相手のスマホに電話があって『あ、○○く~ん!』と甘えた声で電話し始めたんですね。
数分話し終えたあと『ただの友達だよ~』と言っていましたが、そうは聞こえませんでした。次のデートはないですね」(32歳男性/営業)

デート中、ほかの男性から連絡が来ること自体、相手の男性からすればかなりモヤモヤするでしょう。

デート中はどれだけ相手との時間に集中しているかで、評価が大きく変わります。

■ ひと言多いとき

「デート中のランチは、彼女がスマホで調べた店に行くことになりました。
確かにオシャレでいいお店でしたが、彼女は『味は普通』だとか『レビューに書いてあるほどじゃない』『私はもっといいお店を知ってる』とかなんとか……。次はないですね」(30歳男性/フリーランス)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.