恋愛情報『なんか違う気がする…初デートでの感触が微妙だったときの対処法』

2022年6月25日 20:30

なんか違う気がする…初デートでの感触が微妙だったときの対処法

会うまでは好印象、ドキドキの初デート!だったのに、実際は楽しみ切れず……なんて経験はありませんか?

初デートで印象を決めるのは早いかもと思いつつも、一度合わないと思った相手とはずっと合わない気がするなど、どうするべきか迷いますよね。

今回は、初デートでの感触が微妙だったときの対処法をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

なんか違う気がする…初デートでの感触が微妙だったときの対処法


■ 早めに見切りをつける

人間の第六感って意外と当たる場合もありますよね。

初デートで「なにか違うな」と思った場合、結局数を重ねたところで「やっぱり違ったな」となることも。

発展の見込みが薄い人と3回会うよりも、違う人3人と会ったほうがよい出会いに当たる可能性は高まります。

ときには自分の判断を信じてどんどん次に進むという、思い切りのよさも大切かもしれませんね。

■ 可能性を信じて連絡を続ける

学生時代を振り返ってみると、最初はなんとも思っていなかった男友達のことを、気付けば好きになっていた……なんて経験はありませんか?

時間の経過とともに、魅力に気付いたり仲が深まったりするのはよくあることです。

初回で「生理的に無理」や「この人とは絶対にない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.