実はすごく癒される…男性が忙しくても彼女を大事にしようと思う瞬間3選

2017年12月7日 20:20
 

モテる男性は大抵忙しいです。魅力があるので、仕事もできるし誘いも多い。そんな忙しい彼氏に対して、自分だけにかまって欲しい、忙しくしないで欲しいと思っても仕方がありません。そう思ってしまうと、どんどん彼の気持ちは離れてしまいます。その逆で、この子がいてくれてよかったと思われれば、大事にしようと思います。 今回は、男性が忙しくても彼女を大事にしようと思う瞬間をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が忙しくても彼女を大事にしようと思う瞬間


1.健康面のアドバイス
「仕事を頑張りすぎちゃうことが多いから、健康面のことを気遣ってくれるのは嬉しい。サプリとか詳しくないから、一緒に見てくれると助かる」(28歳・建築)

男性は根性論で仕事を頑張りすぎて、体のことを考えないことはざらにあります。そんなところを、彼女が気にかけてくれると男性は喜びます。自分に対して自分の発想にはないプラスの提案をしてくれると、彼女のありがたみを感じるのです。野菜を食べるように促したり、サプリを買うことをすすめたり、彼の健康面は常に管理してあげる姿勢を見せてあげましょう。
2.家事のサポートをしてくれる
「男は食事洗濯掃除とか家事をさぼりがち。彼女がいることで助かったことは計り知れない。自分ではちゃんとできないから彼女のサポートは本当に感謝」(26歳・放送)

男性が忙しくて家が散らかっていくのを彼女が助ける。これをされると母性を感じない男性はいないので、大事にしなきゃという発想に切り替わります。すべての男性は母性に弱いです。なので、家に出入りして家事をサポートする関係性に持っていくことが大事です。
3.短い時間でも会いに来る
「忙しいなかで、彼女が会いに来てくれるのは気分転換というか、癒しとして必要。彼女の存在がなければ、なんで生きているかわからなくなることもある」(28歳・建築)

男性は自分のことを好きでいてくれる女性がいるといないじゃ、頑張り方に違いがでます。もし彼女もいないのに、頑張り続けても虚しさが募ってきます。なので、忙しい彼に短い時間でも会って「本当に頑張ってるね」と言うだけで、彼は人から認められることによって心の癒しを感じます。

重いと思われないよう気持ちのさじ加減を。



20~30代の働き盛りの男性と付き合って、なかなか会えないからといって愚痴を言うと男性は逃げて行きます。重いと負担に感じられないようにコントロールしなければなりません。魅力的な男性は忙しいので、お互いが工夫して会えるように持っていきましょう!

(C)PeopleImages/Gettyimages
(C)fotostorm/Gettyimage

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.