恋愛情報『豹変! DV夫から逃れて…裏切られ人間不信に陥ったある女性のいま #8』

豹変! DV夫から逃れて…裏切られ人間不信に陥ったある女性のいま #8

2018年3月17日 19:00
 

ライター&コラムニストharakoが、実際に既婚女性100人にインタビューをし、結婚までのプロセスや心境の変化をお伝えする連載です。第8回目は、DVが治らず別居まで余儀なくされた、Sさんのお話です。

“男性を信じること” が怖くなった、私……。

目次

・“男性を信じること” が怖くなった、私……。
・徐々に増えていく、旦那の暴力
・嘘ばっかりの “大丈夫” に、不信が募る
・イケイケ男子に、軽い告白を受けた
・ポロポロ泣きながら、「やっぱり好き」
・お話を聞いて……。
豹変! DV夫から逃れて…裏切られ人間不信に陥ったある女性のいま #8


【実録♡ 結婚プロセス100人インタビュー 】vol. 8

実は、私バツイチなんです。今は、優しくて大切に守ってくれる新しい旦那がいるので毎日幸せですが、20代は大変な毎日でした。

初めての結婚は、大学時代の先輩で、在学中に2年交際していて、卒業後にすぐ入籍しました。彼は、すごくおっとりしている性格で、学校も同じだったし、周りの同級生も知っているし。相手の両親もすごく結婚に対して歓迎してくれていたので、特に将来に不安を感じることもなく、結婚を決めました。

しかし、旦那が海外出張を終えてしばらくしたある日、彼が突然仕事をやめてきてしまったんです。相談もなく。とにかく「もう、疲れたから」の一点張りで、何があったのかも詳しく教えてくれませんでした。

まじめで堅実な旦那だし、ちゃんと将来のことは考えているはず。おそらく慣れない海外での仕事でストレスを感じたんだろうと思った私は、旦那を追い詰めることなく、次の仕事が見つかるまでは、なんとか家庭を支えようと仕事をたくさん増やしました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.