恋愛情報『両親がいない…元ウエイトレスの孤独を救った意外な相手 #9』

2018年3月25日 19:30

両親がいない…元ウエイトレスの孤独を救った意外な相手 #9

ライター&コラムニストharakoが、実際に既婚女性100人にインタビューをし、結婚までのプロセスや心境の変化をお伝えする連載です。第9回目は、両親がいない境遇で育ったRさんのお話です。

本当は、ひとりぼっちが寂しかった……。

目次

・本当は、ひとりぼっちが寂しかった……。
・自分から積極的にいくけど、去るのも早い
・ドケチ&不衛生さにドン引き
・さりげない気遣いに、落ち着きを覚えた瞬間
・家族って、ただ隣にいるだけで幸せなんだ
・お話を聞いて……。
両親がいない…元ウエイトレスの孤独を救った意外な相手 #9


【実録♡ 結婚プロセス100人インタビュー 】vol. 9

私には両親がいません。始めからこんなことをお話して申し訳ないんですが、事実です。私が小学生だった時、両親が離婚して父親に引き取られました。その後、父は再婚し義母との間に2人の子どもをもうけたのですが、また離婚。義母はその子どもたちを連れて家を出ていきました。

さらなる不幸が重なります。今度は、父親が病気になり、闘病の末にこの世を去ってしまったんです。幼すぎて記憶が薄れているけれど、私の孤独感はとても大きかったことを今でも覚えています。頼る場所もないし、実の母親は小学校以来まったく会っていません。風の噂で再婚したとは聞いていますが、今どこで何をしているかは不明です。

父親は病気で亡くなり、母親はどこにいるかわからない。だんだん成長するにつれて、友人から聞く “家族の思い出話” は、耳が痛く感じるようになっていきました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.