恋愛情報『目隠ししてアノ声を聴けば“官能スイッチ”ON その仕組みとは…』

目隠ししてアノ声を聴けば“官能スイッチ”ON その仕組みとは…

2018年3月11日 20:00
 

瑞々しく、豊かな感性がもたらす官能的な心と身体は、私たちの人生に必須。湧き出る本能に従えば、脳神経科学者の枝川義邦さん曰く、官能は“脳のエネルギー”となる。そこで今回は、官能を理性で抑えてしまう、女性らしい脳の仕組みを理解するためのレッスンです。

目隠ししてアノ声を聴けば“官能スイッチ”ON その仕組みとは…

官能に忠実になることが、脳にとっての最高のエネルギーに。
脳の働きは原始時代から大きく変わっていない。だから官能を感じる、欲するという本能的欲求は、人間なら誰しも持っているものだと枝川さん。

「官能は湧き出る本能的な感情。それを抑えるのは、脳が必要としているエネルギーを与えないばかりか、逆にエネルギーを費やして脳を消耗させてしまうのです」

特に女性は、性欲や官能を理性でコントロールしがちなので、官能のスイッチを入れるためには、身体を反応させるより脳そのものを反応させる方が効果的。
LESSON1:普段のストレスから離れられる場所に行き、本能を解放する。
理性的な思考を司る前頭前野は、外界から様々なストレスが働くことによって、それに対して理性的な対処をしようとするので、それにより本能に基づく官能的な判断を邪魔してしまう。そこで、普段の自分から離れられ、ストレスを感じない場所に行き、五感が喜ぶ=脳が喜ぶことをして本能を解放しよう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.