恋愛情報『付き合う決定打に!? 「男を射止める」ために送ったプチ嘘LINE3つ』

付き合う決定打に!? 「男を射止める」ために送ったプチ嘘LINE3つ

2018年3月27日 20:15
 

文・塚田牧夫

「血の繋がりはあると思うよ」

目次

・「血の繋がりはあると思うよ」
・「子どもたちにボランティアで教えてる」
・「生死の境をさまよった」
付き合う決定打に!? 「男を射止める」ために送ったプチ嘘LINE3つ


「飲み会で知り合って、気になる男性がいました。サッカー観戦が趣味で、お目当てのチームの応援に地方にまで応援に行くような熱烈なファン……ということを飲み会のときに聞いてました。

後日、LINEで連絡を取り合っていたときです。“××選手と関係あるの?”とサッカー選手の名前を言われました。

アイコンの名前を見て気付いたんでしょう。私とその選手は同じ名字で、ちょっと珍しい名前なんです。しかも地元も一緒で歳も近いということもあり、関係があると思ったよう。私はそこでつい、気を引くために“血の繋がりはあると思う”と言ってしまいました……。

すると、それをキッカケに彼のテンションが一気に上がった。“会ったことあるの?”と聞いてきたので“小さい頃だから覚えてないけど……”とさらに嘘の上塗り。

そのあとは、ウィキペディアとかでその人のことを調べまくり。何を聞かれてもいいような状態にしておきましたけど、嘘の上塗りは後々自分が苦しみますね……」エリカ(仮名)/28歳

「子どもたちにボランティアで教えてる」

付き合う決定打に!? 「男を射止める」ために送ったプチ嘘LINE3つ


「彼とまだ知り合ったばかりの頃。いい感じでLINEのやり取りをしてたんです。お互いの趣味の話になったとき、彼がクラッシックが好きと言いました。

私はピアノを習ってた経験があるので、それを伝えたんです。そうしたら、予想外に食いつかれて、“どんなの弾くの?”“聞いてみたい”と言ってきたんですよね。

私はそこでチャンスと思い、“子どもたちにボランティアで教えてる”と言いました。彼もそれには驚いていて、好印象を与えることに成功しました。

でも実際は、姉の家に行ったとき、子どもに弾いてあげる程度。まあ、ボランティアといえばボランティア。教えていると言えば、教えている……ので嘘ではないかと……。

おそらくそれが付き合う決定打になったんだと思います。しかし、付き合ってから一度もピアノを弾いたことはありません」リン(仮名)/29歳

「生死の境をさまよった」

付き合う決定打に!? 「男を射止める」ために送ったプチ嘘LINE3つ


「まだ知り合ったばかりの男性で、カッコいいなと思ってた人がいました。その人とLINEをしていて、さっきまで観てたテレビの話になったんです。それは、難病におかされた子どものドキュメンタリー番組でした。

彼はえらく感動していて、“小さいときに大変な思いをした人を尊敬する”と漏らすんです。そこで私も“小さいときに病気がちで、生死の境をさまよった”と伝えたんです。

すると彼が“何の病気?”と聞いてきたので“気管支が悪くて……”と答えた。実際のところは喘息なんですが。

当時は本当に苦しかったし、入院もしたので、そんな嘘ではないんですけどね。さすがに生死の境はさまよってないかも……」ホナミ(仮名)/31歳

“男を射止めるために送ったハッタリLINE”をご紹介しました。

相手の気持ちを引くために、つい大げさに言ってしまうこともあります。事実に基づく内容であれば多少は許されそうですが、やっぱり嘘はよくないですね。

(C) Brocreative / Shutterstock
(C) XiXinXing / Shutterstock
(C) George Rudy / Shutterstock

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.