恋愛情報『中は洗っちゃダメ? デリケートゾーンの正しいケアとは』

2018年8月19日 21:00

中は洗っちゃダメ? デリケートゾーンの正しいケアとは

と編集者の三浦ゆえさん。刺激を受けると膣内部や会陰の血流がアップ。すると、まわりの筋肉もほぐれて、相手に合わせられる伸縮性に富んだ膣になる。更年期には女性ホルモンが減少し、膣内の乾燥や萎縮がみられるが、若い人でも過激なダイエットやストレスが原因で、粘液の分泌量が減ることも。

「性交痛の原因にもなりますし、体の免疫力も低下します。乾燥が深刻化して指が一本も入らないようなら、一度婦人科で診察を」(森田さん)

膣や会陰部をオイルでマッサージすることでもふっくらとしたハリが生まれ、柔らかくなるという。ケアをした後にトライしたいのが伸縮性のある膣を作るトレーニング。

「子宮や膀胱を支える骨盤底筋群を鍛えることで、締まり具合のいい膣になります。立って息を吐きながら、膣を引き上げるように締め、3秒ほどキープ。移動中の電車の中でもできますよ」(森田さん)
濡れないときはあって当然。
○:体調やメンタルに左右されます。
汗かきの人とそうでない人がいるように、膣の粘液量は個人差がある。

「体調や月経周期によっても変化します。ストレスを抱えていたり、疲れが溜まっているなど精神的に緊張状態が続いていると濡れにくくなる場合も。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.