恋愛情報『もうヤッてらんない…女が突然見限る「自覚ゼロ最低男」の特徴 レスなひとびと』

2019年4月11日 21:00

もうヤッてらんない…女が突然見限る「自覚ゼロ最低男」の特徴 レスなひとびと

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、彼女に尽くされて当たり前と考えるアラサー男子。感謝の欠片も示さず、当然ながら悲劇を迎えたクズ男に、三松先生がさらなる喝を入れます!

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ

【レスなひとびと】vol. 24

大志(33歳)この歳にもなって感謝心レス。
やってもらって当然と思う傲慢男は幸せになんかなれるもんか。女子もだけど。

もうヤッてらんない…女が突然見限る「自覚ゼロ最低男」の特徴 レスなひとびと


20時くらいに慌てて大志は彼女の美香にLINEをする。

「今日遅くなるから、晩御飯いらない」

数分後、LINEの着信音に気づいたが、飲み会が始まっていたので、見るのは帰りの電車にした。

「ありゃ! わかったよ。お仕事? 大変だね、頑張ってね~」

1時頃帰宅すると、美香が起きていた。

「おかえり! あれ? 飲んでる?」

「接待だよ。飲みも仕事の一環だから。遅いしもう寝よう」

布団に入ると、美香がニコニコして話しかけてきた。

「あのね、最近、大志が忙しそうだから元気出るように、晩御飯、好物のハンバーグにしたんだよ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.