恋愛情報『もうヤッてらんない…女が突然見限る「自覚ゼロ最低男」の特徴 レスなひとびと』

2019年4月11日 21:00

もうヤッてらんない…女が突然見限る「自覚ゼロ最低男」の特徴 レスなひとびと

「私のために頑張ってくれなくなった。ありがとうなんて言われない。こっちは彼を愛してるし、彼からも最低限、好きでいてもらえるように頑張っているのに」と。

最近パートナーのために、何か頑張りましたか? 大きなことでなくていいのです。相手が喜びそうなことを意識すると見えてきます。男性なら、ワンピースのファスナーを下ろしてあげるとか。お風呂にバスソルトを混ぜておいてあげるとか。

女性なら、まさに美香さんがしているようなことです。

それが嬉しければ、何はさておき「ありがとう」です。心をこめてありがとう。釣った魚に餌をやらなくても、相手が去らない時代は終わりました。失いたくないパートナーがいるのなら、「ありがとう」と感謝することを忘れない。「気持ちを込めたありがとうは、二人の関係を強固にする最強ワード。相手の存在すべてに感謝せよ。セックスよりありがとう」

三松 真由美
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.