恋愛情報『国際不倫男…既婚商社マン「現地妻と同棲&婚約」エピソード|ラブデストロイヤー研究所~男と女の修羅場ファイル~』

2019年5月20日 21:15

国際不倫男…既婚商社マン「現地妻と同棲&婚約」エピソード|ラブデストロイヤー研究所~男と女の修羅場ファイル~

誰もが夢見る幸せな結婚生活。だが世の中にはそんな幸せを食い物にするラブデストロイヤー、通称ラブデスが存在します。ここはラブデスの生態を解明し、襲撃から身を守るよう警告を促すために設立された研究所。明日は我が身かもしれません。心してご覧あれ……。

文・イラスト 伊藤沙帆

ラブデスファイル04 ゲンチヅマー

目次

・ラブデスファイル04 ゲンチヅマー
・ラブデス研究所の見解
国際不倫男…既婚商社マン「現地妻と同棲&婚約」エピソード|ラブデストロイヤー研究所~男と女の修羅場ファイル~


Bさん(当時31歳)は商社勤務の彼と結婚、ほどなくして娘を授かり、何不自由のない幸せな生活を送っていました。

結婚から3年ほど経った頃、夫の海外赴任が決まりました。赴任先は東南アジアの某国。期間は2年から3年とのことでした。Bさんは、家族で移住すべきか夫に単身赴任させるか悩みましたが、知らない土地での子育てに不安を覚え、後者を選択しました。

赴任当日の朝。空港まで見送りに行ったBさんと娘に、夫は

「2年なんてあっという間だよ。半年に一度は必ず帰ってくるから。毎日連絡もするよ」

と言いました。

その言葉通り、最初の3ヵ月は毎日連絡がきていましたが、徐々に間隔が空くようになり、ついに、3日に1度のメールと週に1度の電話のみとなりました。

それでもBさんは、彼は慣れない土地でハードな仕事をこなしているのだから仕方がない……と自分に言い聞かせ、夫を深追いすることはありませんでした。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.