恋愛情報『男の残酷すぎる本音…セフレ女は「本命に昇格できない」本当の理由』

2019年6月1日 20:50

男の残酷すぎる本音…セフレ女は「本命に昇格できない」本当の理由

体の関係があっても、毎日のようにLINEしていても、付き合っているのかどうかわからない関係は…ほとんどが「キープされている」と思ったほうが良いかもしれません。本気で付き合う気もないのに女性をキープする男性の本音とはいったい…?

文・沙木貴咲

目次

・曖昧な関係を好む男性の本音
・曖昧な関係をハッキリさせたいなら
・キープ男の化けの皮がはがれる時
・「付き合っている」とすぐに答えられない男性はサヨナラ!


体の関係はあるけれど、彼が本気で付き合っているのかわからない。私は彼女のはずなのに、会いたい時に会えなかったり、連絡が途絶えたりする。そんな曖昧な関係に悩む時は、ズバッと核心を突けばいいんです。彼のLINEの頻度や態度から本心を探ろうとしても、なかなか正しく判断はできないでしょう。

曖昧な関係を好む男性の本音

男の残酷すぎる本音…セフレ女は「本命に昇格できない」本当の理由


「エッチしたいと思った時、適当な誰かを見つけて口説いて……という流れが面倒。すぐできそうな女性をつねにキープしておきたい」(27歳男性:飲食)
「お互いに割り切ったセフレの関係がベスト。本命彼女ができるまでは必要」(32歳男性:営業)

女性からすれば腹立たしい話ですが、これが男性の本音です。女性は肉体関係があるから付き合っているはずだとか、毎日のようにLINEするから恋人同士だと思いがちですが、男性はそんな基準を設けていません。

体の関係を持つのは、単にしたいから。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.