恋愛情報『「濡れない」は性欲障害!? 「セックス・セラピー」って何?』

2019年8月18日 20:30

「濡れない」は性欲障害!? 「セックス・セラピー」って何?

海外ドラマなどで目にする機会が増えた、セックス・セラピストという存在。日本では、まだ馴染みがないが、セックス・セラピーとはどういう治療を行うのか。日本性科学会理事長であり、産婦人科医の大川玲子さんに教えてもらいました。

セックスがうまくできない人を、心理的療法で治す。
「セックス・セラピーは、性機能障害、つまり、セックスがうまくできない人への治療です。例えば男性なら性欲障害、勃起障害(ED)、早漏、射精障害です。女性では、気持ちよくなれない、濡れないといった性欲と性的興奮の障害、痛みや恐怖などで性交できない挿入障害、オーガズム障害があります。男性では、バイアグラのような薬物で改善する人も多いですが、女性にはこれといった特効薬はありません。もともと“セラピー”が欧米では精神療法であった流れもあり、セックス・セラピーは心理的な治療法を指すことが多いと思います」

大川さんの診療を受ける女性に多いのは、怖くて男性器の挿入を受け入れられないという悩みを抱える人。セラピストと婦人科医それぞれが、治療にあたる。

「身体的問題のある人はほとんどいませんが、なかには処女膜が少ししか開口していない人もいるので、その場合は婦人科医に確認してもらいます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.