恋愛情報『タブーを犯す快楽…セックスで“疑似4P”感覚を得るには?』

2019年8月11日 20:40

タブーを犯す快楽…セックスで“疑似4P”感覚を得るには?

身体的な快楽はもちろん、心の奥まで満たされるセックスに必要な要素とは?快感を引き寄せるマインドを3人の識者に聞きました。

目次

・【禁断感】タブーを犯す快楽が蜜のように広がって。
・【幸福感】相手にやさしく触れながら尊重する心を伝えて。
・【共鳴感】同じリズムを感じることで快楽の波長が合っていく。
タブーを犯す快楽…セックスで“疑似4P”感覚を得るには?


【禁断感】タブーを犯す快楽が蜜のように広がって。

「悪いことをしている、という状況にエクスタシーを感じるのはどんな人間の心理にもあるもの」と塚越さんが分析するように、セックス中の禁断的な行為に燃えるという人も少なくないよう。タブーな感覚を気軽かつ上手に取り入れる方法として、塚越さんと芳賀さんが提案してくれたのが、カップルでのアダルトビデオ観賞だ。

「ふたりで映像を見ながら同じ流れでプレイをしてみると疑似4Pの感覚を味わえます。今日はエッチなビデオを見てみようと男性から提案すれば女性は受け入れやすいと思いますが、どんな場面においても相手に無理強いするのは絶対にNG」(芳賀さん)

「特殊な性癖を持っている人のプレイを真似るのは禁断感を高めるためのひとつの方法。背徳感と少しかぶる部分がありますが、視界が遮断される目隠しも禁断感を掻き立てられるプレイですね。視覚以外のほかの感覚が敏感になり、結果、身体的快楽に繋がることも」(塚越さん)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.