恋愛情報『付き合いたかったのに…男がデートで残念だなと思った「女の言動」 ♯116』

2019年8月18日 19:30

付き合いたかったのに…男がデートで残念だなと思った「女の言動」 ♯116

恋愛はタイミングが命。お互いの気持ちに少しでもズレが生じただけでうまくいかず、何度枕を濡らしたことでしょうか。とくに惜しいのは、デートを重ねて順調に恋心を育てていたのにまさかの相手からのフェードアウトをくらったというお話。今回は2回目のデート以降、相手からの連絡がぱったり途絶えてしまったエピソードを男性側の意見からご紹介します。

イラスト・角佑宇子

目次

・ネガティブ発言で疲れた
・追いかけたくなくなった
・『居心地の良さ』と『好意の出し方』がキモ


ネガティブ発言で疲れた

付き合いたかったのに…男がデートで残念だなと思った「女の言動」 ♯116


【リアルな夫婦生活】vol. 116

「笑顔がかわいらしくて見た目がタイプの女性と2回デートしたことがあります。タイプの女性からデートの申し出を受け入れてもらって、そりゃあテンション上がりましたよね。初回は俺が浮かれていたのもあって気づかなかったんですけど、彼女めちゃくちゃネガティブなんですよ。

『仕事早くやめたい』『このお肉、ちょっと硬くて微妙だよね』とか基本的に気持ちが下がることしか言わない。その店、選んだの俺だよね? よく言えるね……って感じ。そこからはお礼ラインも入れずにスルーしています」(32歳・営業)

追いかけたくなくなった

付き合いたかったのに…男がデートで残念だなと思った「女の言動」 ♯116


「自分勝手な話だけど、相手からの好意があからさま過ぎると、頑張らなくなっちゃうんだよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.