恋愛情報『夏の恋が「ひと夏」で終わるもの終わらないものの違い #30』

2019年8月22日 19:00

夏の恋が「ひと夏」で終わるもの終わらないものの違い #30

という気持ちになります。またイベントを口実に人を誘いやすいため、夏は特に恋愛が生まれやすくなるといわれています。

休みがある
夏はお盆休みや夏休みがあります。また9月に入ればシルバーウィークが控えています。人間というのは面白いもので、暇になると恋愛をしだすといわれています。そのため長期休暇などの時間的な余裕は、恋愛を生み出してくれるのです。

暑い=人は活動的になる
人間の本能として、寒い時より暑い時のほうが、活動的になります。「暑くて家から出られない」なんて言いますが、本当に家から出られない人が多いのは寒い時期です。そのため、外に出る=恋愛に向く人も総合してみると増えるといわれています。

3点の理由を踏まえると、クリスマスなどがあるとはいえ、冬よりも断然夏のほうが恋は生まれやすいといえます。

ひと夏の恋で終わる恋愛に共通すること

夏の恋が「ひと夏」で終わるもの終わらないものの違い #30


でも夏の恋は、暑さの終わりとともに気持ちまで終わらせてしまうこともあります。謎めいたその仕組みは、「ハレの恋」というイレギュラーな状況です。
普段私たちの生活には「ケ」と「ハレ」の日があります。ケとは日常のこと。ハレとは非日常のことを指します。

夏の恋が始まるタイミングや、2人の関係がより親密になるのは、お祭りやBBQ、旅行やフェスなど、非日常の中で加速することが多いものです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.