恋愛情報『やっぱり彼女が一番! 男の「彼女への気持ち」が再燃した瞬間4つ』

2019年12月3日 20:15

やっぱり彼女が一番! 男の「彼女への気持ち」が再燃した瞬間4つ

交際期間が長くなると、「彼は私のどこが好きなんだろう」と悩むことがあります。そういうときこそ、お互いの良さを見直すことで、絆は深まります。そこで男性たちに、“彼女への気持ちが再燃した瞬間”について話を聞きました!

文・塚田牧夫

職場での高い評価を聞いて

目次

・職場での高い評価を聞いて
・あげたものを大事にしていて
・元カレに未練があることが分かり
・あり得ない偶然が重なり
やっぱり彼女が一番! 男の「彼女への気持ち」が再燃した瞬間4つ


「あるとき、彼女の職場の上司と同席する機会があり、彼女の社内での評判を聞きました。

すると、仕事ができて、気遣いもできると、すごく評価が高い。後輩社員からも人気と聞いて、だいぶ見直しました」ヒデキ(仮名)/31歳

自分が彼女の良さを見失っているとき、周りからの評価が大きな影響を及ぼします。評価が高いと分かれば、やっぱり自分の目に狂いはなかったと、再認識させられます。

あげたものを大事にしていて

やっぱり彼女が一番! 男の「彼女への気持ち」が再燃した瞬間4つ


「彼女の家にいたとき、ハサミを借りようと、勝手に引き出しを開けました。すると、付き合ったばかりのときにあげた、ペンダントが入っていたんです。

露店で買った、安物です。ちゃんと持っててくれたんだ……と嬉しくなり、当時の思いが甦りました」タカノリ(仮名)/30歳

思い出の品を、大事にしている姿を見れたら嬉しいですよね。プレゼントを渡した当時の光景が目に浮かび、感情も呼び起こされるのでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.