恋愛情報『遠距離恋愛の現実…彼について行きたくない「実家暮らし女子の苦悩」』

2019年9月13日 19:40

遠距離恋愛の現実…彼について行きたくない「実家暮らし女子の苦悩」

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、遠距離恋愛中の彼から「こっちへ来てほしい」とプロポーズされた30歳女子。彼のことは好きだけど、東京生まれの東京育ち、実家暮らしが快適であるがゆえ、決断できない彼女に、三松先生が断言します!

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ

【レスなひとびと】vol. 45

澪(30歳)カレシと別れたいのに決断力レスでズルルル続き、次なる彼探しもできない

遠距離恋愛の現実…彼について行きたくない「実家暮らし女子の苦悩」


「ねえちゃん、彼氏いるなら結婚しろよ。かあさん、毎晩愚痴ってるし」

9歳年下の弟、恭介がゴルフクラブを磨きながらつぶやく。澪の親はガソリンスタンドと不動産経営。実家が広いので澪は快適独身ライフを過ごしている。仕事は近所の幼児英会話教室の講師。家業は恭介が継ぐと言ってるので家族は安心している。

2年前から付き合っている彼、櫂斗(かいと)は本社が香川にある会社に入社したため、去年香川に引っ越ししてしまった。ああ、寂しい。しかも香川がえらく気に入り「結婚したら香川に来てくれ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.