恋愛情報『お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選』

2019年10月12日 21:45

お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選

お泊りデートは楽しみではあると思いますが、不安もあるはず。寝ているあいだは意識がないので、何をしているか分かりません。あとで赤面するようなことを報告される場合も……。今回は、“寝起き時に彼に言われて恥ずかしかったこと”について、女性たちに話を聞きました。

文・塚田牧夫

目次

・イビキがすごい
・毛布を奪われた
・トイレが近い
・誰かの名前を呼んでいた


イビキがすごい

お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選


「起きて、“イビキがすごかった”と言われたときは恥ずかしかったですね。注意はしてたんだけど……。しかも彼が、“ズコズコ……ズコッ”と音をリアルに再現してきて、本当に嫌でした」ユウカ(仮名)/27歳

イビキは自分では気付きにくいですから。ほかの人に指摘されても、嘘でしょう……と思ってしまうこともあるはず。でも男性のなかには、その無防備な姿が嫌ではないという意見も、意外と多いです。

毛布を奪われた

お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選


「私は、寝ているとすぐ人の毛布を奪ってしまうようです。彼からよく、“昨日は寒かった”と報告を受けます。本当に申し訳ない……。そのため最近では、毛布がもう1枚用意されています」マイコ(仮名)/29歳

本来なら、彼のほうに毛布をかけてあげるような気遣いを見せたい場面。そこで、奪ってしまうようだと、少しマイナスなイメージにつながってしまうかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.