恋愛情報『ストーカーはイヤ! 恋愛トラブルにならない「別れのセリフ」 #111』

2019年10月21日 20:30

ストーカーはイヤ! 恋愛トラブルにならない「別れのセリフ」 #111

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、相手を傷つけないようにと、別れる際は「好きな人ができた」という言葉を鉄板にしている26歳女子。このセリフが優しさだと思う彼女に、“嘘も方便主義者”の佑雪さんが、「自分を守れて相手も傷つけない」お断りの言い方を伝授します!

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 111

「“好きな人ができた”という嘘って、実はやさしさじゃないですか?」

ストーカーはイヤ! 恋愛トラブルにならない「別れのセリフ」 #111


毎回、楽しみにしております。 カチコチに固まった自分の偏見や考えが、佑雪ママのおかげで徐々に変わってきました。ありがとうございます。本題に入らせていただくと、私はこれまで相手のほかに好きな人ができたり、あるいは自分が好意に応えられない場合、優しさのつもりで「好きな人ができた」と言って、一方的に断っていました。しかし、このような行為に対し、なんて礼儀や思いやりがないんだという意見も目にします。ママだったらどうされますか。批判的な意見であってもきちんと受け取りますので、よろしければ教えていただきたいです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.