恋愛情報『ジェラシーはダメ?…元銀座ホステスの「水商売の恋人と付き合う心得」 #133』

2020年4月6日 21:00

ジェラシーはダメ?…元銀座ホステスの「水商売の恋人と付き合う心得」 #133

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、バーテンダーの彼の行動が怪しすぎて不安でたまらないバツイチ女性。佑雪さんが、水商売の恋人と付き合う心得を伝授します!

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 133

「女性客との距離が近すぎ! バーテンダーの彼を信用できません」

ジェラシーはダメ?…元銀座ホステスの「水商売の恋人と付き合う心得」 #133


私と彼氏は付き合って4年。お互いにバツ1です。私は会社員、彼氏はひとりでバーを開いてます。私たちが付き合っていることは4年間、誰にも話してません。彼が、水商売とは自分を目当てで飲みに来てくれる人がいるから言わないのが鉄則だと言うからです。 2人で会ってるときも旅行に行ってるときもトイレに行ってるときも、携帯を離さずLINEをしています。おもに女性のお客さまとやりとりしています。
何度も嫌だと言いましたが、水商売はお客さまが来なくなったら食べて行けないから仕方ないんだよ。LINEのやりとりは当然の行為と言います。しかし、その結果かお店では女性客同士が仲悪く、ケンカばかり。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.