恋愛情報『別れても別れなくても、やっぱり? 「バツイチになったその後」の実態 ♯121』

2020年4月11日 19:50

別れても別れなくても、やっぱり? 「バツイチになったその後」の実態 ♯121

昨今は離婚経験者も多く、もはやバツイチは珍しいものではなくなりました。とはいえ、いざ自分自身がそうした状況に迫られ、「バツイチ」という肩書きを背負うことになるとまた違った感覚が芽生えるもの……?そこで今回は新しい人生を選んだ離婚経験者に、バツイチになったその後の実態についてお聞きしました。

イラスト・角佑宇子

子ナシバツイチ、晴れて自由になれたけど……

目次

・子ナシバツイチ、晴れて自由になれたけど……
・シンママからの再出発、大変だけど迷いはなかった
・パートナー選びはどうぞ慎重に……
別れても別れなくても、やっぱり? 「バツイチになったその後」の実態 ♯121


【リアルな夫婦生活】vol. 121

31歳でモラハラ夫との離婚を決めました。子どもはいません。結婚前の「結婚しなくちゃ!」という焦りもないし、いろいろなしがらみから解放されて本当の意味で自由で自分らしい生活を謳歌しています。そうした精神的なゆとりがあるせいか、結婚前よりも男性からのアプローチは心なしか増えていますね。

ただ……時々、たま~にですけど知人や親戚の年配方から「たった3年で離婚して、最近の若い人は我慢が足らない」と説教をされます。他にもそこまで仲良くはない人から「再婚しないの?」「子どもは?」と矢継ぎ早に質問をされることもありますね。この周りのお節介ともいうべき質問は未婚も既婚もバツイチも変わらないのだなぁと思いました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.