恋愛情報『「人生で1番無駄な時間だった」… 元カレの未練を断ち切った「女性の残酷LINE」3つ』

2020年9月23日 20:15

「人生で1番無駄な時間だった」… 元カレの未練を断ち切った「女性の残酷LINE」3つ

でも、以前にも1度別れたことがあって、その経験からまたヨリを戻すのかなという思いもありました。

そんなときに、彼からLINEで“元気?”と連絡がきました。多分、彼もヨリを戻すつもりだったんでしょう。“会えない?”と言ってきました。

悩みましたが、このまま続けても意味がなく、彼にとっても良くないと思い“ごめん無理”と。“慈善事業じゃないの”と送りました。それっきり、連絡は来なくなりました」ナオ(仮名)/28歳

好意はもうなく、戻ったとしてもボランティアだという意味の残酷な言葉です。文字にするとかなり重く、彼としては胸に刺さる言葉になったでしょう。

「彼を助けてあげて欲しい」

「人生で1番無駄な時間だった」… 元カレの未練を断ち切った「女性の残酷LINE」3つ


「元カレと別れて、しばらく飲み歩くようになりました。そこで、あるお店のマスターと親しくなり、付き合うことになったんですね。

しかし、経営状態が悪くなり、それが影響して私たちも微妙な関係に。そんなとき、元カレから連絡が来たんです。

正直元カレに未練もあったので、動揺しました。しかも、“困ったことがあったら言って”と優しい態度だったんです。でも、彼の言葉に流されてはいけないと思いました。

そこで、今付き合っている彼のことを話し、“店に行って助けてあげてほしい”と伝え、未練を断ち切りました」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.