恋愛情報『終電まであと5分… その瞬間の「男性の本音」と「女性の本音」の違い』

2020年12月28日 20:15

終電まであと5分… その瞬間の「男性の本音」と「女性の本音」の違い

気になる人とのデート、夜遅くまで一緒にいれば、終電ギリギリになってしまうこともありますよね。では、終電まであとわずかというとき、“男性の本音”と“女性の本音”にはどんな違いがあるのでしょう。それぞれの思惑が交錯する場面での男女の本音に迫ります。

文・塚田牧夫

女性の本音:「どうしたいのかハッキリして」

目次

・女性の本音:「どうしたいのかハッキリして」
・女性の本音:「なんで誘ってくれないの」
・男性の本音:「ヒントが欲しい」
・男性の本音:「誠意を見せたい」
終電まであと5分… その瞬間の「男性の本音」と「女性の本音」の違い


「男性と飲みに行ったとき。夜も遅くなってきたので、向こうが“いったん出よう”と言うのでお店を出たんですね。

しかし、“いったん”と言ったはずなのに、駅のほうに向かっていくんです。かと思いきや、途中で手を繋いできて帰りたくなさそうにしていて……。

何も言ってこないので、どうしたいのかハッキリして欲しいと内心思っていました」サチ(仮名)/28歳

終電間際での曖昧な行動が一番困るのではないでしょうか。

誘うなら誘う、帰るなら帰る、として欲しいところでしょう。

女性の本音:「なんで誘ってくれないの」

「終電近い時間まで一緒にいるということは、イヤな相手じゃないってことでしょう。なら、なぜそこで誘ってくれないのでしょうか。

女性のほうからは言いにくいですし、こういうときは相手から誘われたいです」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.